積木
オフィス

買収は投資の一種

企業買収は、日本でも数多く事例が発生していますが、その成功率は低くなっています。特に売上や規模拡大を目的としている場合には、ビジョンの不透明さや、目的のあいまいさ、そしてリスク管理不足などにより失敗するケースが多発しているのです。

空室

空き部屋を有効活用

何らかの理由で長い期間家が不在となる時に、第三者へ家を貸し出す賃貸契約の事をリロケーションといいます。通常はリロケーション会社を通して賃貸契約を行います。所有者が直接入居者と賃貸契約を結ぶ事もできますが、とても特殊な契約ですので、専門のノウハウを持つプロに任せた方が安全です。

つみ木

アパート一括借り上げ

土地所有者が相続税対策としてアパート経営を行う場合がありますが、投資利回りを期待していませんので、ローリスクのサブリースを行うことが少なくありません。空室が生じた場合でも家賃保証を受けることができるので、安心して賃貸することができます。

初心者向けの賃貸経営

部屋

マンション購入のメリット

近年は、サラリーマンの間でもマンション投資を始める人が増加しています。投資の目的は利回り、節税、老後の生活安定など人それぞれですが、マンション投資が優れているのはそのいずれの目的をも満足させてくれる点にあります。昨今の低金利下にあっては、金融商品を購入してもそれほど大きな利回りが期待できません。しかしマンションを購入して家賃収入が得られれば、長期にわたって安定した利回りが期待できます。また、マンション維持に係る諸費用は所得税の控除対象となるため、給与所得との通算によって税金を安くすることができます。さらに、ローン完済後の家賃収入は、そのまま家計の足しになります。そのため、定年後の生活資金としての活用が期待できるのです。

ワンルームタイプの優位性

投資用のマンションにはさまざまなタイプがありますが、中でも初心者に適していると言われているのがワンルームマンションです。ワンルームマンションが投資に適している理由は、まず何と言っても価格が安いということです。もちろん不良物件であるがゆえに安いという場合もあるので気をつける必要がありますが、あまり大きな資金が準備できない人でも手軽に始められるのは事実です。また、ファミリータイプに比べて高利回りが期待できるというのもワンルームマンションの利点の1つです。1,000万円で購入したワンルームマンションと3,000万円で購入した2LDKのマンションとでは価格に3倍の開きがありますが、後者が前者の3倍の家賃を取れるかと言えば、賃貸市場の現状を見る限り非常に困難です。