レディ

アパート一括借り上げ

つみ木

アパート経営を行う

田んぼなどの土地を所有している人が、相続税対策としてアパートを建築して、アパート経営を行うケースが少なくありません。この場合、投資目的と言うよりも相続税対策ですから投資利回りは期待していません。できるだけローリスクで経営することが重要になります。そのため、空室リスクが軽減できるサブリース契約を結ぶ場合があります。サブリース契約とは、例えば、アパートの建築を行った業者が、そのアパートを一括して借り上げて、さらに第三者に貸し付ける方法です。サブリース会社にとっては不動産を所有するリスクを回避できますし、建築費用がかかりません。建物所有者にとっては、空室が生じても常に一定額の収入が期待できるメリットがあります。

すべての業務を委託

アパート経営にしてもマンション経営にしても、賃貸管理業務の一部を第三者に委託する方法が一般的です。すべての業務を委託する方法がサブリースであり、一括借り上げとも言われます。素人の経営者には難しい業務も多いので、業者に委託することで効率的な経営が可能になります。経営者にとっては月々の収入が不安定だと心配になりますが、サブリースでは賃貸管理業務をまかせることができるだけでなく、月々の家賃保証も受けることができます。通常の家賃収入よりも安くなったり、敷金などが入らなくなるといった不利益はありますが、空室が生じた場合でも定額の収入が期待できるという点では非常に安心です。家賃保証がサブリースの最大のメリットと言えます。