レディ

空き部屋を有効活用

空室

リロケーションとは転勤や長期出張、その他の理由で中長期的に家を空ける時に、期間限定で第三者に貸し出す賃貸契約の事です。アメリカやヨーロッパなどで始まったサービスで、日本では余り馴染みのない賃貸契約ですが、雇用の流動化やライフスタイルの多様化によって、にわかに注目を集めるようになりました。貸し手側はローンの支払いや税金などの費用を賃貸契約によって捻出できるメリットがあります。また空き家に比べて人の手による維持・管理が続くので、家の劣化を防ぐ事ができます。リロケーションの期間に関しても期間を自由に設定できますので、かなり融通の利いた契約が可能です。短い契約を繰り返し、突発的なアクシデントに備える、と言った事もできます。

リロケーションを依頼する方法は幾つかのルートがあります。本業が不動産でリロケーションの仲介を行ってくれる会社や、リロケーションのみを専門とする会社など様々です。リロケーションは大きく分けると所有者が入居者に直接賃貸契約を結ぶタイプと、リロケーション会社を通して入居者と賃貸契約を結ぶタイプがあります。後者の場合は、リロケーション会社が賃貸保証を請け負ってくれるケースが高く、リスクを軽減する事ができます。通常の賃貸契約とは異なり、かなり特殊な賃貸契約ですので、なるべくリロケーション会社を通して入居者と契約を結んだ方がいいでしょう。リロケーション専門の会社はサポートが厚く、不動産会社も長年のノウハウがあり、どちらを選んでもメリットがあります。