レディ

買収は投資の一種

オフィス

大きく二種類に分類

最近では日本でもメジャーになっている企業買収ですが、企業買収には二種類の目的があります。一つは売上や利益拡大を狙った方法です。これには、異業種など新たな事業を展開することを目的とするものや、同業種の事業を拡大しマーケットシェアを広げるなどの方法があります。もう一つは内部統制の意味合いで、内部的なコスト削減を目的としたものです。これは、売上の拡大よりもコスト削減による利益率の拡大が目的とされるケースが多くなっています。前者の方法では、投資の意味合いが強く成功率も低くなっています。成功の基準は、投資資金を回収することができることですが、それに及ばないケースも数多く発生しているのです。理由の多くは、企業買収の金額が高額であることです。

成功率を高める方法

また、予測が甘いことも影響しています。企業買収が行われると企業の環境が変化します。それに適用することができなければ、外的や内的要因が悪い方向に向き、収益性を悪化させる要因になります。そのため、投資資金を回収できないケースが多くなっているのです。一方、内部統制を目的としたものは、ビジョンが明確になっているケースが多く、企業買収後のプランも明確に定まっているケースが多くなっています。そのため、成功する可能性は極めて高くなっているのです。企業買収を行う際には、買収の目的やビジョンを明確にすることと、それに対する予測の精度を高め、多少のリスク管理を行っておくこと、さらには買収金額の見極めが重要になります。また、買収後は相手企業の土地やビルといった不動産も手に入れるため、これの使い道を不動産業者も相談しておくといいでしょう。